2019.08.16更新

歯科治療における麻酔の奏功は不可欠ですが、特に神経の治療などでは、時に効きにくいことがあります。また、感染による炎症が非常にひどいケースでも、一部効きにくい場所が残る場合があります。しかし、インプラント手術では健康な骨内への手術なので、原則的には麻酔がよく効きます。それでも効きにくい場合、伝達麻酔をしっかりすることでほぼすべての患者さんで麻酔を奏功させることが可能です。

投稿者: 医療法人社団 古賀テクノガーデン歯科