術後のメインテナンスについて

サポーティブセラピーについて

インプラントは取り付けて終わりではなく、その後のメインテナンスが重要です。インプラントの治療後に良く起こる症状として、初期の歯肉炎に似たものが挙げられます。これは症状が進行すればするほど、リカバリーが難しくなることが判明しているため、早期発見が重要でしょう。
そのためにも当院では歯科衛生士が清掃などのメインテナンスを行うだけではなく、歯の状態をサポートして治療する「サポーティブセラピー」という考え方を導入しています。悪いところを発見したら、すぐ治療に介入する。このようなサポーティブセラピーが整っているからこそ、当院の治療後の維持率は高いのです。
「どのくらいインプラントが持つのか」と聞かれることがありますが、当院が導入している術式では、10年後のインプラント維持に対して95%以上の成功率が報告されています。実はこのような治療成功率は驚異的なもの。成功の秘訣は、術後のサポーティブセラピーがあるからなのです。

定期メインテナンスのお願い

インプラント治療は、専門医による定期メインテナンスを受けることで、その効果を最大限に発揮し、また長期間安定した状態を維持することが可能ということが判明しています。
咬み合わせは常に一定ではなく、また治療後そのままにしておくと、歯周病が自然歯の場合よりもより早く進行してしまう場合もあるのです。
そのため当院では、

歯科衛生士によるクリーニング
定期的な噛み合わせのチェック
レントゲンなどによる診査

を術後定期的に行っており、このメインテナンスにご協力いただけることが、インプラント治療を当院で受けるうえでの必須条件となっております。歯科医師と患者様の双方が協力し合い、良好な治療結果を長期間維持するためにも、定期メインテナンスに通っていただくことをお願いしております。

定期メインテナンスの頻度について

一般的に、年数回のメインテナンスがインプラントのアフターケアには必要とされていますが、当院では3ヶ月おきに徹底的なメインテナンスを行っております。
ほんの些細なことがインプラントの脱落・破損につながることから、早期発見・早期治療の観点からも、3ヶ月に1度は定期メインテナンスにご来院ください。